• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

よくあるご質問(FAQ)

  • No : 2288
  • 公開日時 : 2021/11/15 10:38
  • 印刷

FS-1000シリーズ:回線短絡異常を解消したい

本体から異常警告音が鳴ったため異常受理ボタンを押下すると液晶画面に「カイセン タンラク イジョウ」と表示されました。こちらの異常はどうすれば解消できますか。
カテゴリー : 

回答

回線短絡異常はスピーカー回線の過負荷状態がなくなれば解消されます。
この場合、ユーザー様につきましては、直ちに販売店様や保守契約店様にご相談ください。
販売店様・保守契約店様につきましては以下の作業をご対応ください。
  1. 短絡表示灯が点灯した回線のスピーカーや配線の状況をご確認いただき、異常があった箇所を修繕してください。
  2. 異常があった箇所の修繕後、メンテナンスモードで回線インピーダンスの測定を行うか、回線インピーダンスの基準値の設定を行ってください。なお、回線インピーダンスの測定を行う場合はスピーカーから音が出ますので、ユーザー様にその旨をお伝えした上で測定を行ってください。
  3. 最後に異常解除キーを押下し、異常表示灯が消灯していることを確認してから作業を終了してください。
 
詳細につきましてはこちらの各取扱説明書をご参照ください。
品番
FS-1000 / FS10-910 / FS10-920 / FS10-930 / FS10-1810 / FS10-1820 / FS10-1830 / FS10-2710 / FS10-2720

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます

ページトップへ